2021/01/08 |

ふわり、ふわり、風をとおして軽い着心地、Plantationの「フラワー風通ジャガード」

プランテーションの定番素材として毎シーズン愛されてきた”風通ジャガード”に、春の新作が登場します。繊細で、でも甘くない大人の花柄「フラワー風通ジャガード」。
装いに凛とした華やかさを加えてくれるのはもちろん、ふわりと風をとおすやわらかく軽い着心地で、袖をとおす度に心も軽く、ワードローブに春をはこんでくれます。
1月8日(金)商品が発売となりました。ぜひ、チェックしてみてください。

風通 (ふうつう) 織りによる
特別なやわらかさ
先染織物の産地兵庫県西脇市の特別なジャガード織機でていねいに織り上げられた”風通ジャガード”。
二重織りの一種である”風通ジャガード”は、小さな袋状の模様があらわれることが特徴の織物で、中に風がとおるという意味から名付けられたといわれています。表布と裏布の間に空気を含んだ組織となるため、冬はあたたかく夏は涼しく、シワにもなりにくく、1年中着ていただくことができます。
薄い生地が二枚あわせられていることで、軽くふんわりとした風合いで、それでいて透けないという日常づかいにはぴったりの素材です。さらにプランテーションでは、製品にした後に洗いをかけているため、よりふっくらとしたやわらかな風合いに仕上がっています。
ジャガード織りは、裏側の花柄が反転したカラーで表現されます。
ちらりと見えるちがった表情の花柄に、心くすぐられます。

長袖ワンピース、長袖シャツ、
フレアスカート、
3アイテムがそろいます。
{ ワンピース }
ややAラインのシルエットで、ゆるやかに広がるうつくしいシルエットに仕上がっています。
深めのVネックが顔まわりをすっきりみせてくれるデザインで、ハイネックと組み合わせることで寒い季節もあたたかく過ごしていただけます。パンツなどにレイヤードしてもかさばらず、すっきりとした着こなしを楽しんでいただけます。

{ シャツ }
生地をたっぷりと使ってつくられた、着心地のいいシャツ。肩から胸にかけて入った2本のステッチタックのおかげで、体のラインをひろわず胸下からゆるやかに広がるデザインです。
背中にもタックが入っていて、裾にかけて自然にに広がるシルエット。
生地の軽やかさをいかしたふんわりとしたシャツは、肌あたりがやわらかで適度に蒸れを逃がしてくれます。寒い季節はニットなどのインナーに、あたたかくなるとさらりと1枚で楽しめる心地よさと通気性を兼ねそなえています。

{ スカート }
model:171cm / Mサイズ着用
生地をふんだんに使いながらもすっきり見えが叶う、計算された切り替えによるドレープがうつくしいスカート。
共布使いのウエストリボンは甘くなりすぎず、トップスをインした際にもポイントに。
風通ジャガードの生地ならではの、裏地なしでも透けにくく軽い着心地を追求しました。
Plantationの1月デリバリーの
カタログができました

インスタグラム「plantation_style」では、日々の着こなしの他、IGTVでショップスタッフによるおすすめ商品紹介の動画配信もスタートしました。
ぜひ、ご覧ください。
プランテーションのLINEアカウントができました。
ご登録いただけますと、最新情報やおすすめスタイリングなどをお届けします。
この機会にぜひご登録ください。
友だち追加

BACK