【会員限定】WINTER FAIR 開催中 対象商品はログイン後にお求めやすい価格になります。

2018/11/07 |

ネ・ネット ボアアウター着こなしLESSON – Enjoy RABBIBOA! –

ネ・ネット
ボアアウター着こなしLESSON
– Enjoy RABBIBOA! –

見た目も着心地もあたたかなボアアウターは今年注目のアイテム。ウール混の柔らかなボアを使用したボアコートとボアブルゾンが登場! コートはリバーシブル仕様で、裏返せばうさぎの総柄コートに。ブルゾンは少し長めの丈感がポイント。トレンドアイテムのボアアウターだけど、ボリューミーで着こなしが難しそう…そんな悩みにお答えすべく、人気スタイリスト佐藤かなさんが、旬のボアアウターの着こなし方を教えてくれました。バランスの良いボアアウターの着こなし技を早速チェック!
ネ・ネット
コートスタイルを楽しむ!
軽く、あたたかさにこだわり、楽な着心地が特徴のノーカラーのボアコート。ボリューミーになりすぎないよう、すっきり着こなすのが鉄則。
ネ・ネット

ネ・ネット

シャツワンピースで
きちんと感と縦長シルエットを演出

「さらりとしたシャツワンピースを合わせて、シンプルにボアコートを着こなすのがおすすめ。シャツワンピースの前立てで縦長効果もあり、すっきりとした印象になります。ニット帽を投入し、さり気なくアクセントにすることで、目線が上にいき、バランスの良い着こなしに仕上がります。」

items
ラビボアリバーシブル ¥28,000+tax
ラビシャツ ¥18,000+tax
どんぐりケーブルニット帽 ¥9,500+tax
モールタイツ ¥7,000+tax
ファーペコス ¥23,000+tax

ネ・ネット

ネ・ネット

シックな色味でまとめて
ボアコートもスタイリッシュに

「パンツを合わせる時の着こなしも、シルエットや全体のラインがポイント。コートの中の色味をおさえて同系色でまとめることで、縦長シルエットになり、大人っぽく洗練された印象になります。マニッシュになりすぎないよう、ボアコートにはコサージュをつけて女性らしいアクセントを添えました。」

items
ラビボアリバーシブル ¥28,000+tax
アシメパッチジャージ ¥14,000+tax
ウルフパッチ ¥22,000+tax
リボンバッグ ¥11,000+tax
ツイードフラワー ¥8,500+tax
レザーコンビスニーカーHIGH ¥18,000+tax

ネ・ネット
ボアブルゾンにチャレンジ!
腰まわりをカバーできる丈感が特徴の少し長めのブルゾン。コートとは一味違う、ボーイッシュな雰囲気のブルゾンを大人っぽく着こなすコツをお届け!
ネ・ネット

ネ・ネット

セットアップ風スタイルに合わせて
上品に着こなすのが新鮮

「存在感のあるチェック柄のニットトップス×ニットスカートを合わせ、女性らしく着こなすことで、カジュアル×フェミニンの絶妙なテイストミックススタイルになります。レディなニットのセットアップ風の着こなしに、ブルゾンを羽織ることで、こなれ感も演出してくれます。」

items
ラビボアブルゾン ¥25,000+tax
チェックリバーシブルニット ¥18,000+tax
チェックリバーシブルニット ¥19,000+tax
箔ラインソックス ¥9,000+tax
ヒールパン ¥18,000+tax

ネ・ネット

ネ・ネット

落ち着いたカラーリングで
大人カジュアルに仕上げて

「カジュアルになりすぎないよう、ブルゾンのブラウンカラーをベースに、他のアイテムもグレーやネイビーなど、落ち着いた色味で全体をまとめました。ブルゾンにボリューム感があるので、パンツは膝下からすっきりと細いシルエットが特徴のものをセレクトしています。」

items
ラビボアブルゾン ¥25,000+tax
BACK PACK 裏毛 ¥12,000+tax
ストレッチウール ¥20,000+tax
ヤギとホルンMEI ¥13,800+tax
レザーコンビスニーカーHIGH ¥18,000+tax


ネ・ネット
ネ・ネット

ラビボアリバーシブルコート
細身ですっきり仕上げたボア素材のノーカラーコート。裏地はリアルなタッチのうさぎ達の総柄プリントを施したポリエステル生地で、リバーシブルで着られるところも嬉しい。

ネ・ネット

ネ・ネット

ラビボアブルゾン
腰まわりをカバーできる、少し長めの丈が特徴。裏地はコートと同じく、うさぎ達の総柄プリントのポリエステル生地を使用。厚みを軽減することで、着やすくしたところも◎

ネ・ネット

Profile
佐藤かな / スタイリスト

多数の女性誌やカタログ、広告などで活躍中。ナチュラルでシンプルな着こなしに、さり気なく流行を取り入れたスタイリングが人気。手芸もお手のもの。ソーイング著書も多数手がけています。

Photograph:Ikue Takizawa
Styling:Kana Sato
Hair&Make-up:Yoko Yoshikawa
Model:Sakura Maya Michiki
Edit&Text:Mina Ota


BACK