2019/04/11 |

ネ・ネット NEWシリーズ登場!CHECK! “soumoku-sen” & “wantan”

ネ・ネット
NEWシリーズ登場!
CHECK! “soumoku-sen” & “wantan”
ネ・ネット
古来から伝わる自然植物の染料で染色する“草木染め”のアイテムを展開する“soumoku-sen”に、ワンタンを作るように、一枚の長方形の生地を折りたたんで生まれた“wanatan”。素材感やシルエットなどこだわりの詰まった新しいシリーズ。
“soumoku-sen” “wanatan” の特徴とともに、それぞれの着こなしをお届け。お気に入りのアイテムを見つけて、自分らしい着こなしを楽しんで。

 


 
 

 

< What’s “soumoku-sen”? >
古来から伝わる自然植物の染料で染色する“草木染め”。“soumoku-sen”は、良質な水に恵まれた京都の染工所で染められ、化学染料では表現できない自然な彩りで、人にも地球にも優しい服に仕上げています。
ネ・ネット

POINT 01
各アイテムには、それぞれの染料を示した刺繍パーツをパッチすることで、さり気ないアクセントに。
ネ・ネット
POINT 02
“soumoku-sen”シリーズのアイテムには、草木をモチーフにしたオリジナルの下げ札が付いています。裏面には“soumoku-sen”シリーズのコンセプトが書かれています。
< Color >
ネ・ネット
キャメル
【 catechu 】
カテキューと呼ばれるインド産の茜科植物のエキスを濃縮して得た褐色の生薬で染めています。

ネ・ネット
ブルー
【 gardenia blue 】
クチナシと呼ばれる茜科の常緑低木で、染料としては黄赤色の実を乾燥させて使用。
ネ・ネット
ライトピンク
【 lacdye 】
いろいろな木に寄生するラック虫が、樹木から養分を吸い上げて分泌する樹脂状のもので染めています。
ネ・ネット
グレー
【 log wood 】
ログウッドはメキシコ中南米原産の豆科の植物。幹部分を煎じたエキスを染料に使用。

 
 
 


 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 


 
 
 

 
 

< What’s “wanatan”? >

“頭と腕を通す穴があれば服になる”。そんな考えから生まれた“wanatan”。生地巾を有効に使い、長方形のパターンから必要な部分だけ縫い合わせて形成されています。今季は細かいシワが出る特殊仕上げを施した綿生地を使用。色は、ホワイト、ピンク、ブラックの無地のほか、ギンガムチェックがお目見え。サルエルパンツやサーキュラースカートなど新しいデザインも登場。

 
 
 


 
 
 

 
 
 

 


Photograph:Ikue Takizawa
Styling:Kana Sato
Hair&Make-up:Yoko Yoshikawa
Model:Sakura Maya Michiki
Edit&Text:Mina Ota

 
 

BACK