2017/06/28 | TSUMORI CHISATO, FEATURES

TSUMORI CHISATO 「クレプリマルチボーダー」

TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO の新作「クレプリマルチボーダー」
商品の魅力をご紹介するスペシャルコンテンツです。

TSUMORI CHISATO

NEW
人気のマルチカラーに加え、着回しのきくベーシックカラーも注目を集めています。

TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO

TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
強撚糸を使用して織られた生地を後染めして、楊柳(ようりゅう)クレープの表面感に仕上げた気持ちの良い着心地とイージーケアがうれしいアイテム。

縫製、染めの工程の全てを国内で行ったメイドインジャパン。ご家庭での洗濯も可能、シワにならず、コンパクトに収納できるため、旅行にも便利。

着る人に合わせて体になじむクレープ素材は、体型を問わずどなたにも楽しんでいただけます。

TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO

TSUMORI CHISATO

TSUMORI CHISATO
シンプルで着まわしのきく色使い。
明るい色は肌の色をぐっと明るくみせてくれます。
同素材のコーディネートのみならず、
お手持ちのアイテムにあわせたコーディネートも可能です。
デニムやカーゴパンツなどを合わせ、
カジュアルでリラックスした着こなしが楽しめます。

NEW
ベーシックカラーのコーディネートが追加となりました。

TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO

TSUMORI CHISATO
「クレプリマルチボーダー」の特徴である
楊柳(ようりゅう)クレープ素材。
ここではその素材が出来るまでの行程をご紹介します。
step.1 裁断・縫製
縫製工場にて、パターンをもとに裁断・縫製を行い、まずは大きなコットンシャツに。
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO
step.2 加工
いまでは都内で9軒しかないという染工場。
その中の1軒で縮み加工、染め、洗いを行なっています。
TSUMORI CHISATO
まず、パドルという機械で縮め(ヨコ糸が縮むことによってくしゃっとした素材感になります。)、ロータリー染色機という機械で染め加工を行ない、その後、湯洗い、柔軟加工を行ないます。水分は多く含まず、遠心力で叩き付けることにより、生地に染料や柔軟剤を馴染ませていきます。※画像はロータリー染色機
TSUMORI CHISATO
脱水後の生地。しっかりと色が入り、くしゃっとした素材感も定着しています。この後、特殊な機械で繊維の織目に熱を入れ、タンブラー乾燥を行ないます。100℃近い温度で高速回転し、均一に熱を行き渡らせていきます。
職人の手や特殊な機械によるいくつもの行程を経て、独特の素材感が生まれます。
TSUMORI CHISATO

TSUMORI CHISATO
TSUMORI CHISATO

TSUMORI CHISATO

BACK