2021/09/15 |

Plantation 着こなし方で変わる、ショップスタッフのカットソースタイル

オールシーズン着まわせる綿素材のカットソーは、毎日のスタイリングの強い味方。肌触りの良いカットソーを使った、この秋おすすめのコーディネイトをご紹介します。
3人のスタッフによる着こなしのポイントをぜひご覧ください。
Staff 1
青山店スタッフ 篠田 H168cm / 着用サイズM
オータムボーダーの着こなし
柔らかく肌触り良いカットソーは、さり気ないボーダーと生地の凹凸感がポイントです。デニムに合わせたカジュアルなスタイリングですが、重厚感のある革のバッグで全体の印象を引き締めました。
カットソーはオフホワイトベース+ベージュのナチュラルな色合いが軽やかなので、あえてボトムと小物は濃色でまとめて重さを出し、秋を感じるコーディネイトにしています。トップスが明るい色なので、コート下のコーディネイトとしても抜け感がでるのでおすすめです。

ボタニカルレリーフの着こなし
生地にボタニカルの柄が浮き出るようなジャガードのカットソーは一枚で着映えする一着なので、素材の面白さが活きるようにシンプルなスカートに合わせてスッキリとしたコーディネイトにまとめました。
スカートにオールインをしてカットソーをコンパクトにまとめると、スッキリ感が増しシンプルできちんとした印象のスタイリングに仕上がるのでおすすめです。


Staff 2
青山店スタッフ 中野 H158cm / 着用サイズM
オータムボーダーの着こなし

ボーダーのカットソーはカジュアルなイメージが強いですが、このカットソーはほどよい立ち襟から生まれる胸元のドレープとボーダーのさりげなさによってカジュアルさが軽減されるところが好きです。深いグリーンのベースにネイビーのボーダーなので柄が目立ちすぎないところも着まわしやすく、無地ライクに使えます。
黒のパンツを合わせるとグリーンの深みが増し、シックな印象になるのですが、白いサコッシュを足すと軽さも出ますしアクセントとなり全体を引き締めてくれるのでおすすめです。

ボタニカルレリーフの着こなし

一枚でも着映えしてコートを羽織ってもスッキリ見える、季節の変わり目におすすめのコーディネイトです。
このカットソーはジャガードの柄がとても上品なので、カジュアルなパンツを合わせ少しリラックス感をだしました。なめらかで光沢あるエアーダンボールのコートとも相性がよく、カットソーの凹凸が程よいアクセントになります。
プリントTのように柄が主張しすぎる事もなく、デザインカットソーのように羽織るものを迷う事もないので、日常着としてもとても使いやすい一着です。


Staff 3
青山店スタッフ 斉藤 H170cm / 着用サイズM
オータムボーダーの着こなし

A-net ONLINE STORE限定カラーのカットソーは、ネイビー×ネイビーの同色ボーダーなので無地のカットソーとして着ていただけます。
この秋は赤と組み合わせたメリハリあるコーディネイトがおすすめです。強い色を組み合わせるコーディネイトには、小物に白を取り入れていただくと全体の色バランスが整いやすく抜け感も出るので、ぜひお試しいただきたいです。

ボタニカルレリーフの着こなし

明るいグリーンが印象的なカットソーをジーンズに合わせたカジュアルなスタイリングですが、アクセサリーを加えて柔らかい印象にまとめました。
ここでも白のバッグが大活躍しますが、小ぶりのショルダーバッグは身の回りのものがコンパクトにまとめられるので使い勝手がよく、ちょっとそこまでのお出かけにも便利です。カジュアルになりすぎたかな?という時は、アクセサリーと肩がけのショルダーを足すと少しドレスアップ感が出るのでおすすめです。


Plantationの商品についてのお問い合わせ、着こなしなどご不安な点やお困りな点があればショップスタッフにお気軽にお尋ねください。

monthly new items


インスタグラム「plantation_style」では、日々の着こなしの他、IGTVでショップスタッフによるおすすめ商品紹介の動画配信もスタートしました。ぜひ、ご覧ください。
プランテーションのLINEアカウントができました。ご登録いただけますと、最新情報やおすすめスタイリングなどをお届けします。この機会にぜひご登録ください。
友だち追加

BACK