2017/03/03 | mercibeaucoup,, FEATURES

mercibeaucoup, 春の注目アイテム「サシコフウ」

mercibeaucoup,

mercibeaucoup,春の新作商品「サシコフウ」が発売になりました。

こなれた印象のするやわらかいムラ感と大胆な異素材MIXデザインが目をひくアイテムです。
今回は、春のおしゃれが楽しくなるような「サシコフウ」の生地やディテールへのこだわりをご紹介いたします。

サシコフウ / ワンピース
¥52,000+税

mercibeaucoup,

mercibeaucoup,
岡山県の山足(やまあし)織物という機屋さんで織られた、日本の伝統民芸品「刺し子」のようにみえる「刺し子風(サシコフウ)」インディゴジャガード生地と、10オンスのデニムの2種類の生地をドッキングしたアイテムです。

刺し子風生地はタテ糸に米綿とジンバブエコットンを使用しております。デニム生地は、タテ糸、ヨコ糸共にムラ感が弱い米綿糸を使用し、色目も濃紺インディゴではなく少し明るめのインディゴを使用することで、 柔らかい印象のムラ感を出しているのが特徴です。同系色の異素材MIXと大胆な切替がmercibeaucoup,らしいデザインになっています。パンツは脇ポケットのネオバのデザインやコインポケットなどワークウェアの要素が詰まった新型です。ワンピースは羽織りとしても着用できます。

刺し子・・・綿布を重ね合わせ一面に細かく刺し縫いにすること。また、そのようにして縫われたもの。 保温力があり非常に丈夫なので,柔道着・剣道着・消防服などに用いられることが多い。
※サシコフウは上記の刺し子のように見える生地なので、刺し子とは異なります。

ジンバブエコットン・・・アフリカのジンバブエ地方で栽培された綿を手摘みで採取された高級綿。繊維を傷つけないように機械に頼らずほとんどの作業を人の手によって収穫するので、綿花は細く均一な長さのものが収穫でき、1本1本の繊維長が長いことから超長綿と呼ばれている。

【豆知識】
デニムの「オンス」とは・・・1平方ヤード(0.84m2)辺りの生地の重さを表したもので、大体1オンス=28.3g弱の重さ。10~14ozくらいのデニムは平均的な普通の重さで、10oz以下のデニムは軽く、「ライトオンス」と呼ぶ。また逆に「ヘビーオンス」と呼ばれるデニムは15oz以上の重さのデニム生地のことを指す。 オンス≠厚さということがポイントです。

mercibeaucoup,
サシコフウ / トップス (UNISEX) ¥29,000+税
mercibeaucoup,
サシコフウ / パンツ (UNISEX) ¥36,000+税

mercibeaucoup, 商品ページへ

BACK