2020/07/31 | FEATURES

Plantation JIYUGAOKA EVENT SHOP OPEN

Plantation
Plantationの路面店、自由が丘ショップ。今までたくさんの作家さんに共感いただき、イベントを行ってきました。
過去のイベントで限定販売していたアイテムを、特別にHUMORで販売することになりました。
数量限定での展開となります。この機会に、ぜひご覧ください。
TAKETOMI color
Plantation【トートバッグ】AYOI TAKETOMI COLOR ¥1,650(税込)
ベージュ、ブラウン、イエロー、カーキ、グレー、チャコールグレー
Plantation
2016年7月18日~31日に開催された「タケトミカラー。」
沖縄県の八重山諸島にある島、竹富島。
海の色、空の色、砂の色、花の色、緑。
素朴だけど美しい。
そんな自然のなかで作られた生活の道具たちを自由が丘へ。
Plantation
小さな島の手仕事、引き継がれるもの、新しく生まれるものすべてがタケトミカラー。
竹富島の照りつく太陽の光を浴び心地よい南風を受けたくましく成長する島の植物たち。
植物から頂いた色で糸を染めひとつひとつ折り重ねる布。
島で作られている民具やアクセサリー・染め・織り・陶器などを、自由が丘店でご紹介しました。
Ayoi
(Yoshizawa Yayoi+Aki Nohara)
竹富島の植物を使って染め・織り。アクセサリー小物などを作っている染織ユニット。
照りつく太陽と心地良い南風の中で日々、製作。
島の植物を使って染めた布バックや「島縞シリーズ」の手織りのハンカチ・髪留め・ストラップなどを自由が丘店「タケトミカラー。」で展開。
HUMORでは、島の植物を使ってその日その時の色で染めたエコバッグ 「TAKETOMI color」を販売します。

Ayoi Facebook
https://www.facebook.com/ayoi.taketomijima/

八重山民具
クバ扇(クバオージ)
Plantation
沖縄では「クバ」と呼ばれるヤシ科の大高木のビロウの木。
かつての沖縄では「クバ文化」という名があるほど、生活のあらゆる場でクバが使われていたそうです。
その中でも現代まで生き残って良く使われている民具「クバオージ」。
クバの葉を石に乗せて天日干しにし半枯れになったら、真ん中の骨のところで二つに裂き、そこを背骨にして半円形にカット。数日間ほど畳の下に敷いておくと、形が整ってピンと張ったクバオージの完成となります。
使いやすくて素朴な風合いに自然の木の葉が持つやさしい涼やかさが感じられます。
自由が丘で開催された
「タケトミカラー。」の様子。
Plantation
Plantation

nakamurakenoshigoto
Plantation
2017年9月15日~24日に開催された「nakamurakenoshigoto exhibition」。
2018年2月に沖縄へ移住し、心地の良い暮らしとは何か?を問いながら日々ものづくりをしている中村桜士さん・ナカムラサトミさんからなる≪nakamurakenoshigoto≫。
“今必要なものを自分の手で作り使うこと”を生活の軸にしているお二人の作品展を自由が丘店にて開催しました。
Plantation
2019年4月26日~5月7日日に開催された「Circle Relation」。
プランテーションの「愛着の続いていくものづくり」に共感いただきこれまで自由が丘で個展をしていただいた皆さんの作品を一堂に会してご紹介したイベントでした。
テーマは「縁」。
テーマになぞらえ各作家さんの「円(えん)」をモチーフにした作品とプランテーションの「円(えん)」をモチーフにしたアイテムを展示販売するこの企画。
4組の作家の皆さまの内、≪nakamurakenoshigoto≫中村桜士さん・ナカムラサトミさんご夫婦の作品も店頭を彩って下さいました。
その際に自由が丘店に並んだ、深い青から鮮やかな薄い青までブルーの釉薬の重ね方できる不揃いさが美しい一輪挿しや白のランプシェード、植物やサンゴなどのテクスチャーを写し取り「自然の一部」を身につけているような気持になる陶の「円型」ブローチをHUMORで発売します。
nakamurakenoshigoto
Plantation

自由が丘で開催された
「Circle Relation」の様子。
Plantation

綴る – AKI TSUJI
Plantation
2019年2月22日~28日に開催された「綴る – AKI TSUJI SOLO EXHIBITION」。
札幌を拠点に国内外で活躍する木工作家/辻有希さんの個展を自由が丘店にて開催し、器やアクセサリーの他、辻さんの感性が光るモビールなどを展示販売しました。
日常に馴染むシンプルで凛としたデザインをベースにしながらもどこか愛らしく、たまに無骨に。
辻 有希
Plantation
木の表情を見て感じながら、日々を綴る。
木の個性を最大限に生かした力強さの中にある凛とした美しさ。

1987年札幌生まれ。大学にて木工を学び始め、卒業後家具メーカーにて勤務。
現在、札幌を拠点に創作活動を行う。
器に限らずさまざまなアイテムを制作。

web site
http://akitsuji.com/

自由が丘で開催された
「綴る -AKI TSUJI SOLO EXHIBITION」の様子。
Plantation

戸塚佳奈作陶展
– MELANCOLIC –
Plantation
2018年3月21日~27日に開催された「戸塚佳奈作陶展 – MELANCOLIC -」。
小樽で活動をしている戸塚佳奈さんの作陶展を自由が丘店で開催しました。
Plantation
小樽のノスタルジックな街並みのような、北海道の真っ白な雪景色のような、さびしくも力強い情景のような戸塚さんの作品。
柔らかい初雪の面のようでいてどこかしらグレーがかった白い器。
焼けたような錆びたような深みのある沈んだ銅色をした黒い器。
戸塚さんの個展を記念してつくられた限定商品をHUMORにて発売します。
Plantation
戸塚さんの作品を思わせるような色合いの顔料染め大判クロスは、包む・敷く・巻くなど多様使いができ大変便利です。
戸塚 佳奈
北海道小樽市でうつわを制作。
小樽の古い街並みのような
ノスタルジックな雰囲気、
北海道の冬の日の
きりりとした冷たさと真っ白な雪、
……そんな器を作りたいと思っています。

web site
https://www.kanatozuka.com/

自由が丘で開催された
「戸塚佳奈作陶展 -MELANCOLIC-」の様子。
Plantation

天草製作所 シューケア講座
Plantation
2018年8月5日に開催された「天草製作所西森真二さんによるシューケア講座」。
靴のフルオーダーから修理までを行っている天草製作所代表の西森真二さんをお迎えして、自由が丘店でシューケア講座を開催しました。
お気に入りの一足を永く愛用するための技を実演を交えてお話しいただき、講座終了後はシューケアや修理も受けていただいた特別な講座となりました。
天草製作所
代表 西森真二
Plantation
「健康に直結している足、それを支える靴。その大切な一足に心を込めて靴作り・靴修理をさせていただきます。すべてはお客様に喜んでいただくことを考え、日々精進してまいります。」

web site
https://www.amakusafactory.com/

自由が丘で開催された
「天草製作所西森真二さんによるシューケア講座」の様子。
Plantation
Plantation
Plantation 自由が丘
東京都目黒区自由が丘2-16-27 (map)
1F,2-16-27, Jiyugaoka, Meguro-ku, Tokyo
TEL:03-6459-5467
※ 今回HUMORでご紹介しているアイテムは、現在自由が丘店では取り扱っておりません。


インスタグラム「plantation_style」では、日々の着こなしの他、IGTVでショップスタッフによるおすすめ商品紹介の動画配信もスタートしました。
ぜひ、ご覧ください。
プランテーションのLINEアカウントができました。
ご登録いただけますと、最新情報やおすすめスタイリングなどをお届けします。
この機会にぜひご登録ください。
友だち追加

BACK